屋形船でスカイツリー・お台場・東京湾めぐり

屋形船の歴史

屋形船の原形は、平安時代の貴族の遊びなどに使用されていた様です。
江戸時代に栄え、大名や豪商などに花見や月見、花火などの遊びに愛用されたと文献が記してい隅田川の花火ます。
昭和に入り一時中断していた隅田川の花火大会復活と共にもう一度「江戸の粋な船遊びを」と、昭和50年代に入り東京各地で屋形船の船遊びが徐々に浸透し、現在のようにお台場が埋め立てられる以前より、お台場周辺の東京の風物詩となりました。
昭和時代末期のバブル景気や水質の改善、河川での観光などに屋形船を利用され。
スカイツリーの完成とともに東京隅田川周辺の船宿では、隅田川、お台場、レインボーブリッジ周辺を周遊するコースが有名です。

 

浅草橋駅から徒歩2分 ランチクルージングなら
三浦屋 屋形船

 

隅田川の花火の歴史

旧暦の5月末頃(現在7/20頃)には大川(現在の隅田川)の川開きが行われ、
これは1657年明暦の「振袖火事」で亡くなった大勢の人々の霊を弔う為に行われたのが始まりでした。
川開きの日には花火を打ち上げますので、たくさんの遊覧船が繰り出してきます。
観覧船に用いられていた屋形船はとても大型の船のことを言っていました。二十人以上収容できて、船内はいくつもの座敷に区切られています。
柳橋の芸者衆などは、芸者衆も最盛期の稼ぎ時のこの日に限って仕事を休み、自分達の身銭を切って屋形船を貸切って遊んでいたのです。
高価でもあり、大名や豪商が使い、舟遊びとも称していたようです。

 

路上から見る景色が全く違う

 

船上からの景色は最高です

隅田川の屋形船と言えば浅草橋駅周辺の神田川の川辺に係留されて居るのを目にします。
スカイツリーのお膝元でもある浅草橋駅から神田川まで数分の距離をキョロキョロしながら散歩する。
路上から見る風景と屋形船の船上から見る、景色はまるで違って見える。
舟遊びが何故、楽しいかわかったような気分になる

 

老舗の屋形船舟宿平井

 

浅草橋周辺を探索

 

神田川の川岸にある「ライオンズプラザ浅草橋」まで徒歩1分をゆっくり探索

 


GoogleMapを拡大してみると、神田川に係留されている屋形船が確認される
浅草や浅草橋に足を運ぶたびに、下町の良さとなつかしさを実感してしまいます。

 

コジャレタデートにランチクルージングがお勧め

屋形船って言えば、船上から夏の花火を眺めるたり、お花見を楽しむって定番ですよね

 

貸し切りではなく、乗り合い乗船を活用したランチクルージングをデートに用いると一味違った思い出が残せますよ。
寒い時期に成れば、ランチではなく、津京湾のナイトクルージングと鍋や食べ放題と言ったプランを提供してくれる屋形船もあります。
ゴージャスな舟遊びを楽しめますよ

東京の月島は、隅田川と晴海運河が分岐する地点にあり、都会的な水辺の景色が見事な名所です。月島の周辺には屋形船の乗船場が設けられ、東京湾や隅田川を遊覧するコースも用意されています。月島から乗船して上流方向へ向かう場合には、浅草や両国などの名所を巡ることもできます。
屋形船月島の周辺には、地下鉄の駅が多くありますから、都内各所からのアクセス環境も整っています。清澄通り沿いにある月島駅で下車して、相生橋の方向へ向かって進めば、越中島乗船場を利用できます。相生橋は堅牢にして優美なトラス橋で、この地域のランドマークとして親しまれています。この場所からも多くの屋形船の姿を見ることができますが、実際に乗船すれば、水上からでなければ見られない絶景を堪能できます。

 

月島から屋形船に乗れば、江戸前の美味しい料理も堪能できるため、宴会やデートで利用することもおすすめです。夜景が特に美しくなる夕方以降には、隅田川の歴史的な橋梁群がライトアップされます。東京湾まで向かうコースを利用すれば、レインボーブリッジや東京ゲートブリッジのライトアップも眺められます。同時に月島周辺の下町風景を眺めることもできますから、奥深い魅力を持った街です。

続きを読む≫ 2016/03/01 11:47:01

はっきり言って遊覧するコースや景色はどこの船を選んでもあまり大差ありません。
どの船を選ぶかで大事なポイントとなってくるのが、「お料理、料金、サービス」の3つになります。
夜景を堪能できる屋形船いかに楽しく過ごすかということに主眼を置いていれば、サービス面で充実している所を選べば、はずれが少ないでしょう。
夏場を中心に人気のイベントに「屋形船」がありますが、東京では隅田川の川下りなどは大変有名です。
色々な業者が様々な顧客獲得合戦を行っているさなか、どれを選んだらいいのか迷ったり悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
メジャーな屋形船の遊覧コースとして人気なのが、お台場、スカイツリーが挙げられ、季節的にお花見のシーズンや夏場の夜の納涼シーズンなどは大変なにぎわいを見せています。
なので、混雑するシーズンは先手必勝で予約をする必要があり、あまりもたもた選んでられません。
利用する人数や目的で貸切タイプにするかのり合いタイプで大丈夫なのかは、最初に確認しておきましょう。

 

川から花火を楽しみたいという団体であれば、お酒や料理が充実している所を選ぶのは重要です。
まずそこをクリアしてから料金比較をして決定しないと本来の目的を達成できないので、「失敗した」気分になります。

企画やサービス内容を選択判断基準に
屋形船各社では、様々な志向をこれしています
選択材料として東京湾クルージング、ランチクルージング、食べ放題などなど、乗客を楽しませてくれる企画やサービスを重視してはいかがでしょうか!
サービス内容からして各社ともに舟遊びとしては、高くは無いように感じる

続きを読む≫ 2016/02/21 00:39:21